スマートフォン版トップへ

はかる

開発の対象が拡大・開発の手法が高度化する中で、一層「リアルな計測」が重要です。高速で大量な同期計測、測れなかった部分を測る、計測値の確からしさで開発現場をリードします。

自動運転評価向けデータロガー ADS-400

  • ADS-ECUの認知・判断・操作の可視化 イメージ画像

ADS-ECUの認知・判断・操作の可視化を実現します

  • データトレースによる超高速RAMモニタ
  • RAM値のリアルタイム画像表示
  • 大容量データ保存
  • すべてを高精度に同期
  • 多Ch・マルチセンサ対応

世界最小クラス 多Chテレメータ

  • ユニット内部の物理現象を定量化し、モデル・CAE精度を向上するイメージ図

ユニット内部の物理現象を定量化し、モデル・CAE精度を向上します

  • 多Ch計測(最大24Ch)
  • 各物理値計測(サーミスタ・熱電対、歪、ギャップ・圧力)
  • サンプリング 最大2kHz/ch(24ch使用時 75Hz)
  • 小型ワイヤレス給電

世界に通じる計量トレーサビリティ

  • 国家・国際標準(産業技術総合研究所等)←JCSS/ASNITE認定事業者←計測標準センター←お客様

当社は、国際MRA対応 JCSS認定事業者です

認定登録範囲

JCSS

電気・長さ・質量・圧力・温度・力・音響・振動加速度・時間 / 周波数 / 回転速度・トルク

ASNITE 車外騒音・排出ガス